VET SYSTEMS

あ な た は
獣医師
獣医療関係者
で す か ?

あなたは獣医師または
獣医療関係者ですか?

健康診断

大切な家族の病気を未然に防ぐためにも、毎年の健康診断をお勧めします。また、個体ごとの健康状態の測定値を蓄積・把握しておくことで、急な来院時も客観的な臨床状態の評価が可能になります。

定期健診のおすすめ

より正確な検査結果の解釈には、その子その子のベースラインを把握することが大切です。
富士フイルムVETシステムズでは、あれ?を見逃さず早期発見・早期治療をサポートします。

疑われる病気と症状
❶栄養を蓄えエネルギーを作る肝臓
【関連項目】ALT、AST、ALP、γGTP、T-Bil、T-Cho、TP、Alb、A/G比、TBA
肝疾患
  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 元気消失
  • 黄疸 など
❷全身に酸素・栄養を届ける心臓
【関連項目】ANP、トロポニン
❸消化酵素分泌・血糖値調整に関与する膵臓
【関連項目】Lipa、Glu、GA(糖化アルブミン)、フルクトサミン
❹栄養・水分の吸収に関与する消化器
【関連項目】A/G比、TP、Alb、T-Cho、TG
❺尿を作り、体内の老廃物を排出する腎臓
【関連項目】BUN、Cre、IP、Ca、Na、K、Cl、シスタチンC、SDMA、UPC、UAC
腎臓病
  • 水をたくさん飲む
  • 尿が多い
  • 嘔吐
  • 餌を食べない など
腎臓の血液検査で見られた異常値割合
  • 14.5%
    犬 シスタチンC
    8歳以上 犬の健康診断結果より
  • 11.8%
    猫 SDMA
    8歳以上 猫の健康診断結果より
❻犬・猫のフィラリア症や猫のエイズ・白血病ウイルスの感染有無を調べる感染症検査
【関連項目】犬糸状虫成虫抗原、FIV抗体、FeLV抗原
❼全身の状態を調べる血球検査
【関連項目】白血球、赤血球、血小板
❽代謝・恒常性維持に関する内分泌検査
【関連項目】甲状腺:T4、FT4、TSH  副腎:コルチゾール
ホルモンの病気
  • 脱毛が見られる
  • 水をよく飲む など
内分泌検査で見られた異常値割合
  • 22.1%
    犬 T4
    8歳以上 犬の健康診断結果より
  • 15.2%
    猫 T4
    8歳以上 猫の健康診断結果より